新型しんがたコロナウイルスの問題もんだいで、いえ仕事しごとをするひとなどがえて、電車でんしゃひとすくなくなっています。鉄道てつどう会社かいしゃ収入しゅうにゅうたため、きゃくすくない電車でんしゃ野菜やさいさかなはこんで、収入しゅうにゅうやそうとかんがえています。

京浜急行電鉄けいひんきゅうこうでんてつは、電車でんしゃはしっている地域ちいき農家のうか野菜やさいおおきいまちにはこんで、実験じっけんをしました。実験じっけんでは、神奈川県かながわけん三浦市みうらし三崎口駅みさきぐちえきで、ちかくの農家のうかつくったキャベツ大根だいこんなど20ぱこ野菜やさい電車でんしゃのせました。野菜やさいは50ぷんぐらいで横浜市よこはまし上大岡駅かみおおおかえききました。そして、えきなかりました。

JR東日本ひがしにほんは、地方ちほうさかな有名ゆうめいものなどを新幹線しんかんせん東京とうきょうなどにはこんでいます。さかななどをはこ新幹線しんかんせんを、新型しんがたコロナウイルスがひろがるまえの10ばいにして、仕事しごとやしています。