新型しんがたコロナウイルスがひろがってから、どもがなやでいることや心配しんぱいしていることがわかりにくくなっています。奈良県ならけん葛城市かつらぎしは4がつから、虐待ぎゃくたいいじめなどの問題もんだいはやつけるために、どもたちの日記にっきをコンピューターのAIを使つかって調しらべます。

AIには、なやでいたどもがまえいた文章ぶんしょうデータれておきます。中学生ちゅうがくせいに1週間しゅうかんに1かい自分じぶん名前なまえかないでタブレットで日記にっきいてもらいます。AIは日記にっきなかに、なやでいたどもの文章ぶんしょうおなじことばなどがないか調しらべます。たすける必要ひつようがあるとAIがかんがえた場合ばあいは、自動じどうメッセージおくって、まわりのひと相談そうだんするようにどもにつたえます。

教育委員会きょういくいいんかいひとは「先生せんせいがわからなかったどもの気持きもちをAIでつけて、1つでもおおどもたちの問題もんだいをなくしたいです」とはなしています。