新型しんがたコロナウイルスがうつったひと今年ことし1がつからつづけていました。16にち厚生労働省こうせいろうどうしょう会議かいぎ専門家せんもんか脇田わきた隆字たかじさんは「うつったひとがいちばんおおいときは2がつ上旬じょうじゅんで、もうぎたとかんがえています」といました。

そして「ウイルスがうつるひとは、わかひと場合ばあいきゅうえてきゅう ます。お年寄としよはゆっくりえてゆっくります。このため、全体ぜんたいではすこしゆっくりていくとおもいます」といました。

脇田わきたさんは「3かいワクチン注射ちゅうしゃはやくすることが大事だいじです。これから卒業そつぎょうさくら花見はなみ季節きせつになります。ひとうことがおおくなると、ウイルスがまたひろがる危険きけんがあるため、をつけなければなりません」とはなしました。