高知県こうちけんは、タレント千原ちはらジュニアさんの写真しゃしんに「ひとりでなやないで」といたポスターつくりました。「ひきこもり」についてもっとよくってもらうためです。ひきこもりは、ながあいだいえなかにいて、そとひとってはなすことがほとんどなくなることをいます。

千原ちはらさんは中学生ちゅうがくせいのとき、ひきこもりを経験けいけんしました。千原ちはらさんはポスターたことについて「ひきこもりのひとのために、わたしすこしでも手伝てつだうことができたらいいとおもいました」とはなしました。

そして、ひきこもりのひとたちに「ひきこもりのひとが、いまならそとていくことができるとおもタイミングは、1人ひとり1人ひとりちがいます。いそがなくてもいいです。そのタイミングるまで、そとていきたいという気持きもちをっていてください」とはなしました。