国立こくりつ国際医療研究こくさいいりょうけんきゅうセンター去年きょねん2がつから、新型しんがたコロナウイルスの病気びょうきなおったひとに、そのあとからだ具合ぐあいがどうなったかきました。

20さいから79さいの457にんきました。その結果けっか病気びょうきになってから6かげつ以上いじょうぎたひとの26.3%は、具合ぐあいわるいところがのこっていました。1ねんぎても8.8%のひとは、具合ぐあいわるいところがありました。

においがわからないひとは、6かげつぎたひとの7.7%で、1ねんぎたひとの1.1%でした。あじがわからないひとは、6かげつぎたひとの3.5%、1ねんぎたひとの0.4%でした。わすれやすくなっておぼえるちからよわくなったひとは、6かげつぎたひとの11.4%、1ねんぎたひとの5.5%でした。

研究けんきゅうグループひとは「わかひとのほうが、あじやにおいがわからなくなるひとおおいです。わかひとワクチン注射ちゅうしゃすることがとても大切たいせつです」とはなしています。