心理学しんりがく専門家せんもんかは「あたらしいコロナウイルスひろがるのをめるために東京とうきょう緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんています。それなのにオリンピックがあって、ウイルスおおきな問題もんだいではないとかんがえてしまう気持きもちがひろがっています」とはなしています。

ひと気持きもちについては「つらいことよりたのしいことをかんがえるのは、とても普通ふつうのことです。オリンピックで世界中せかいじゅうからひとているし、たのしい気分きぶんになることができるので、ウイルスについてあまり心配しんぱいしなくなっています」とはなしています。

そして「このようなとき、緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげん意味いみがなくなってしまいます。ひと気持きもちをえて、ウイルスがうつらない行動こうどうをしてもらう方法ほうほうかんがえることが大切たいせつです」とはなしています。