すが総理大臣そうりだいじんは17にち東京都とうきょうとまわりの3つのけんしているあたらしいコロナウイルス緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんを、21にちでやめるといました。

すが総理大臣そうりだいじんは「ウイルスがうつったひとなんにんいるかや、病院びょういんのベッドがりているかどうかをて、宣言せんげんをやめてもいいとかんがえました」といました。宣言せんげんをやめたあと、ウイルスがうつるひとがまたえる危険きけんについて、すが総理大臣そうりだいじんは「えないように、しっかり対策たいさくをします」といました。

18にち政府せいふ専門家せんもんか意見いけん会議かいぎで、専門家せんもんかたちも宣言せんげんをやめてもいいといました。

尾身おみしげる会長かいちょうは「みんながやめてもいいといました。しかし、東京都とうきょうとと3つのけんでは、またウイルスひろがる可能性かのうせいがとてもたかいです。宣言せんげんをやめたあとの対策たいさく大事だいじです」といました。

政府せいふは18にち夕方ゆうがた会議かいぎ宣言せんげんをやめることをめます。今年ことしがつからずっとていた緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんは、21にち全部ぜんぶなくなります。