災害さいがいのとき、AIが携帯電話けいたいでんわいまどこにあるかという位置いち情報じょうほう使つかって、1人ひとり1人ひとり避難ひなん必要ひつようらせるシステムができました。研究所けんきゅうじょIT会社かいしゃなどのAI防災協議会ぼうさいきょうぎかいつくりました。

地震じしん大雨おおあめやまくずたり、かわみずあふれたりする危険きけんがあるときに使つかいます。

AIは、携帯電話けいたいでんわ位置いち情報じょうほうと、気象庁きしょうちょうあめなどの情報じょうほう災害さいがいのとき危険きけんになる場所ばしょがわかる「ハザードマップ」などを使つかって、そこにいるひと避難ひなんしたほうがいいかかんがえます。避難ひなん必要ひつよう場合ばあいは「LINE」というアプリでらせます。ちかくの避難所ひなんじょ地図ちずらせます。お年寄としよやおなかにあかちゃんがいるひとには、ほかのひとよりはやらせることができます。

協議会きょうぎかいひとは「いまいる場所ばしょ危険きけんらせることはとても大切たいせつです。日本中にほんじゅうでこのシステム使つかうことができるように準備じゅんびします」とはなしています。