政府せいふ緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんすことについて、日本医師会にほんいしかい中川なかがわ会長かいちょう6日むいか緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんすことはおおきな意味いみがあります。いま東京都とうきょうとと3つのけんですが、これからコロナウイルスがもっとひろがっ場合ばあいは、日本中にほんじゅう必要ひつようがあるかもしれません」といました。

そして「去年きょねんがつ緊急事態宣言きんきゅうじたいせんげんたときのように、コロナウイルス危険きけんだという気持きもちをみんながたなければなりません。そうすれば、コロナウイルスがうつるひとすくなくなっていくとおもいます」といました。

中川なかがわ会長かいちょうは「治療ちりょう必要ひつようひと十分じゅうぶん治療ちりょうができないことが『医療崩壊いりょうほうかい』です。いまはもう『医療崩壊いりょうほうかい』になっています」といました。