NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、高校生こうこうせいどもがいておや1人ひとり家族かぞくに、あたらしいコロナウイルスひろがってからの生活せいかつについてきました。

東京都とうきょうとんでいる355の家族かぞくのうち92%が、もののために使つかうおかねえたとこたえました。

28%はおかねりて生活せいかつしているとこたえました。50%はためていたおかね使つかって生活せいかつしているとこたえました。両方りょうほうして80%ぐらいの家族かぞくは、いま収入しゅうにゅうではおかねりなくて、生活せいかつ大変たいへんになっていることがわかりました。

32%の家族かぞくは、おかねがないため、どもが高校こうこう途中とちゅうでやめるかもしれないとこたえました。

NGOひとは「政府せいふは、こまっている家族かぞく生活せいかつについてしっかり調しらべて、たすてほしいです」とはなしています。