政府せいふ専門家せんもんか会議かいぎによると、大勢おおぜい食事しょくじをしたりおさけんだりすると、あたらしいコロナウイルスがうつる危険きけんたかくなります。こえおおきくなって、つばなどがびやすくなるためです。このため、すが総理大臣そうりだいじんは「しずかにべて、会話かいわをするときはマスクをしてください。わたしもそうします」とっています。

マスクをして食事しょくじをすることについて、専門家せんもんかはいろいろな意見いけんっています。

日本赤十字北海道看護大学にっぽんせきじゅうじほっかいどうかんごだいがく根本ねもと昌宏まさひろ教授きょうじゅは「マスクをしていても、こえおおきくなると、マスク隙間すきまからつばなどがおおくなります。できるだけちいさいこえはなすことが大切たいせつです」とっています。

長野保健医療大学ながのほけんいりょうだいがく塚田つかだゆみさんは「料理りょうりたら、まずなにはなさないでべます。わったらマスクをして会話かいわをします。つぎ料理りょうりたら会話かいわをやめて、またべる方法ほうほうがいいとおもいます」とはなしています。