日本にっぽんでは毎年まいとし正月しょうがつに、たくさんのひとあたらしいとししあわいのりに神社じんじゃてらきます。神社じんじゃなどはあたらしいコロナウイルスひろがらないようにするために、今年ことしはいつもとちが準備じゅんびをしています。

さいたまにある武蔵一宮氷川神社むさしいちのみやひかわじんじゃは、正月しょうがつくばまもやおふだなどを、12がつからわたすことができるようにします。いのまえあら場所ばしょは、使つかうことができないようにします。まもなどをわた場所ばしょには、透明とうめいいたつけました。神社じんじゃなかみちひとぶつからないように、あるめます。

鎌倉市かまくらしにある鶴岡八幡宮つるがおかはちまんぐうは、神社じんじゃなかにカメラをいて、どのくらいひとがいるかインターネットでることができるようにします。

東京とうきょうにある神田明神かんだみょうじんは、ることができないひとのために、インターネットでまもなどをもうことができるようにしています。