「ナマハゲ」は、秋田県あきたけん男鹿市おがしむかしからの行事ぎょうじです。毎年まいとし12がつ31にちよるに、おにのようなおめんをかぶったおとこひといえをまわって「わるはいねぇが」などとおおきなこえいます。2ねんまえユネスコ無形むけい文化遺産ぶんかいさんになりました。

去年きょねんは89の地区ちくでナマハゲをしました。今年ことしあたらしいコロナウイルス問題もんだいがあるため、地区ちくの1つは、ウイルスがうつらないようにしてナマハゲをすることにしました。

今年ことしいえなかはいりません。いえひとしてもらったおさけまないし、料理りょうりべません。ひくこえだけして、いつもの「わるはいねぇが」という言葉ことばは、一緒いっしょあるいているひとマスクをしたままいます。

ナマハゲをするかいひとは「歴史れきしがある文化ぶんかあたらしいかたちつづけていきたいです」とはなしています。