東京都とうきょうとでは、8がつ1日ついたちから17にちまでに103にん熱中症ねっちゅうしょうくなりました。くなったひとの80%ぐらいが70さい以上いじょうのお年寄としよです。

97にんいえなかくなっていました。このなかの84にんいえ冷房れいぼうがないか、冷房れいぼうがあっても使つかっていませんでした。まわりにいるひとも、お年寄としよからだ具合ぐあいをつけるようにしてください。

なつくるまなか危険きけんになります。太陽たいようひかりくるまなかあつくなったり、冷房れいぼう空気くうきかわいたりするため、からだ水分すいぶんりなくなることがあります。みずんで、時々ときどきやすみましょう。

みずむときは、一度いちどにたくさんまないようにしましょう。医者いしゃは、たくさんのみずからだなか塩分えんぶんうすくなって、からだ具合ぐあいわるくなることがあるとっています。このため、みずは1時間じかんに1ぐらいまでにして、あせたときは塩分えんぶんはいったものんだほうがいいとっています。