京都きょうとで16にちよる、300ねん以上いじょうまえからつづいている「京都きょうと五山ござんおく」がありました。京都きょうとまちのまわりにある5つのやまに、おおきなかたちつくって、ぼんもどってきた先祖せんぞれいおく行事ぎょうじです。やまには、ねがなどがいてあるいたをつけるための場所ばしょをたくさんつくります。

しかし、今年ことしをつけるための場所ばしょすくなくしました。あたらしいコロナウイルス問題もんだいで、ひとがたくさんあつまらないようにするためです。大文字山だいもんじやまでは、いつもは「だい」のつくりますが、今年ことしは「だい」のはしなかの6つの場所ばしょだけにをつけました。

大文字山だいもんじやまることができるかわのそばでは、マスクをしたひとあつまって写真しゃしんっていました。ちかくにひとは「いつものとしとはちがいますが、この行事ぎょうじおこなってもらって、ありがとうという気持きもちです」とはなしていました。