インドようにあるモーリシャスおきで7がつ下旬げじゅんに、日本にっぽん商船三井しょうせんみついという会社かいしゃしているふねが、いわぶつかっうごくことができなくなりました。そのあと、やく1000あぶらうみながました。

自然しぜん大切たいせつにする活動かつどうをしている団体だんたいによると、あぶら原因げんいんでいろいろなさかなカニんでいます。植物しょくぶつとりむしなどにも問題もんだい心配しんぱいがあって、団体だんたいは「自然しぜんまえのようにもどるためにはなんじゅうねんなが時間じかんがかかりそうです」と心配しんぱいしています。

商船三井しょうせんみついは「8がつ15にちふねが2つにれたことがわかりました。ながた1000あぶらのうち、かたづけることができたのは半分はんぶんぐらいです。モーリシャス日本にっぽん協力きょうりょくして、はや問題もんだいがなくなるようにします」といました。