地震じしん大雨おおあめなどでいえにいることができないとき、学校がっこう建物たてものなどの「避難所ひなんじょ」で生活せいかつします。日本医師会にほんいしかいは、ひとあつまる避難所ひなんじょあたらしいコロナウイルスがうつらないように、どうしたらいいかいたマニュアルつくりました。

マニュアルによると、避難所ひなんじょひとマスクやせっけん、消毒しょうどくするものっていったほうがいいです。避難所ひなんじょひとは、せきくしゃみウイルスがうつらないように、ひとひとあいだいたなどをきます。そして、避難所ひなんじょにいるひとねつせきなどがないか1にちに2かい調しらべます。ウイルスがうつっているかもしれないひとがいた場合ばあいのために、病院びょういん使つかマスクなどの使つかかたいてあります。

日本医師会にほんいしかいひとは「避難所ひなんじょせまところおおいので、ウイルスがうつってくなるひとえることが心配しんぱいです。マニュアルんで、十分じゅうぶんをつけてください」とはなしています。