大棟おおむね耕介こうすけさんは病気びょうきどもたちによろこんでもらうために、「ホスピタル・クラウン」とばれる道化師どうけしをしています。大棟おおむねさんたち150にん仲間なかまは、毎月まいつき100ぐらいの病院びょういんっています。しかし、あたらしいコロナウイルスひろがっているため、2がつわりごろから病院びょういんくことができなくなっています。

大棟おおむねさんはどもたちを笑顔えがおにしたいとおもって、インターネットでライブをしました。大棟おおむねさんはパソコンをとおて、1人ひとりずつどもの名前なまえんだり、リズムわせたたいてもらったりしながら、40ぷんたのしい演技えんぎをしました。

大棟おおむねさんはパソコンのまえどもたちがよろこんでいるのをて、「自由じゆうがなくてもたのしいことができるとおもいました。本当ほんとうどもたちのところにきたいですが、いまはできません。つぎうときにたくさんあそびたいです」とはなしていました。