横浜よこはまみなとにとまっているクルーズせんなかで、19にちまでに621にんあたらしいコロナウイルスがうつっていることがわかりました。このなか2人ふたり20日はつかくなりました。クルーズせんっていたひとくなったのははじめてです。

岩田教授

神戸大学こうべだいがく岩田いわた健太郎けんたろう教授きょうじゅは18にちにこのふねはいって、どうやってウイルスがうつることをふせでいるか調しらべました。岩田いわた教授きょうじゅウイルスなどでうつる病気びょうきふせ研究けんきゅうをしています。

岩田いわた教授きょうじゅによると、ふねなかではウイルスがうつる危険きけんがあるところ安全あんぜんところていました。しかし、うつらないようにするためのふくたりいだりする場所ばしょははっきりまっていませんでした。ふねはたらひとが、危険きけんところ安全あんぜんところ自由じゆうったりたりすることもありました。岩田いわた教授きょうじゅは、ふねでしていた方法ほうほうには問題もんだいがあったといました。

政府せいふすが官房長官かんぼうちょうかんは「ふねなかにはいつも専門家せんもんかがいて、危険きけんところ安全あんぜんところをしっかりていました」とっています。

20日はつか岩田いわた教授きょうじゅは「いま問題もんだいがなくなったときました」とはなしました。