気象庁きしょうちょう気象きしょう研究所けんきゅうしょなどのグループは、地球温暖化ちきゅうおんだんかいまおなじようにすすむと、台風たいふう移動いどうするスピードがどうわるか調しらべました。

その結果けっか日本にっぽん緯度いどおなじくらいの場所ばしょでは、西にしからひがしつよ偏西風へんせいふういまよりきたくようになります。台風たいふうひがしうごかすかぜよわくなって、台風たいふうスピードおそくなることがわかりました。21世紀せいきわりごろには東京とうきょうちかくで10%ぐらいおそくなって、平均へいきんスピード時速じそく31kmになります。

台風たいふうスピードおそくなると、おな場所ばしょあめがたくさんったり、とてもつよかぜいたりする時間じかんながくなります。

気象研究所きしょうけんきゅうしょは、地球温暖化ちきゅうおんだんかめないと台風たいふう被害ひがいいまよりおおきくなる可能性かのうせいがあるとっています。