元号げんごう令和れいわになってはじめての正月しょうがつました。東京都とうきょうと豊洲市場とよすしじょう5日いつか今年ことしはじめての初競はつせり」がありました。

まぐろでは、市場いちばひとがあいさつしたあと、今年ことしねん商売しょうばいがうまくいくようにみんなでいのりました。そしてあさごろはじまると、まぐろがどんどんていきました。

いちばんたか値段ねだんになったのは、青森県あおもりけん大間町おおままち山本やまもと昌彦まさひこさんがったおもさ276kgのまぐろです。いままでで2番目ばんめたかい1おく9320まんえんになりました。山本やまもとさんは「自分じぶんったまぐろ初競はつせりでいちばんたかくなることは、漁師りょうしみんなのゆめなのでよかったです」とはなしていました。

このまぐろったのは、たくさんのすし経営けいえいしている会社かいしゃです。社長しゃちょうは「たかかったですが、おきゃくさんにいちばんいいまぐろべてほしいとおもいました」とはなしていました。