理化学研究所りかがくけんきゅうしょなどのグループは、AIを使つかって100にん前立腺ぜんりつせんがん画像がぞう調しらべました。

AIは「ディープラーニング」という技術ぎじゅつ使つかって、前立腺ぜんりつせんがん特徴とくちょう自分じぶんつけました。そのなかには、いままで医者いしゃらなかった特徴とくちょうもありました。

つぎグループは、AIがつけた特徴とくちょうが、またがんになるかどうか予測よそくするのにやくつかどうか調しらべました。その結果けっか、AIを使つかったほうが、ただしく予測よそくできることがわかりました。

AIを使つかって画像がぞうから病気びょうきつける研究けんきゅうすすんでいます。AIを使つかうと、ミスすくなくすることができるためです。くに去年きょねん10がつ、AIを使つかってのう画像がぞうから病気びょうきつける機械きかい使つかうことをみとました。これからも医療いりょうにAIを利用りようすることがえそうです。