環境省かんきょうしょうなどは、やまやまちかくのむらなど200ぐらいの場所ばしょくさとりむしなどのデータあつめました。そして、2008ねんから2017ねんまでのデータ調しらべると、87種類しゅるいのうち34種類しゅるいチョウは、かずが1ねんに3.5%以上いじょうていました。このままでは将来しょうらいこの種類しゅるいチョウがいなくなってしまうぐらいのはやかたです。

チョウなかでもとくに、日本中にほんじゅうにいるミヤマカラスアゲハは1ねん平均へいきんで31.4%ています。オオムラサキは16.1%、イチモンジセセリは6.6%ています。

環境省かんきょうしょうは、作物さくもつつくらなくなった土地とちえたり、いえやビルができて環境かんきょうわったりしたためだろうとかんがえています。