2011ねん東日本ひがしにほん大震災だいしんさい津波つなみ東京電力とうきょうでんりょく福島第一ふくしまだいいち原子力げんしりょく発電所はつでんしょこわれました。

東京電力とうきょうでんりょくもと会長かいちょうなど3にんは、おおきな津波つなみ原発げんぱつることをかんがえて準備じゅんびしていなかったためつみがあるとわれて、裁判さいばんになっていました。

東京地方裁判所とうきょうちほうさいばんしょは19にち、3にんつみはないといました。理由りゆうは、「事故じこまえに、原発げんぱつめる必要ひつようがあるぐらいおおきな津波つなみることをることはできなかったからです」と説明せつめいしました。

裁判さいばんをしてほしいとった福島市ふくしまし女性じょせいは「この事故じこで、病院びょういんから避難ひなんした44にんくなりました。いま自分じぶんいえもどることができなくて、くるしんでいるひともたくさんいます。このひとたちのことを裁判所さいばんしょかんがえていないとおもいます」とはなしていました。