去年きょねんがつ北海道ほっかいどうおおきくれる地震じしんがありました。

ブラジルサンパウロは、この地震じしんおおきな被害ひがいがあった北海道ほっかいどう安平町あびらちょうやく200まんえんのおかねおくました。このおかねは、北海道ほっかいどうからブラジル移住いじゅうしたひとやそのひとどもやまごなどがあつめました。

安平町あびらちょうはこのときのおれいに、今年ことしがつ小学生しょうがくせいなどがつくったゆきだるまふねブラジルサンパウロおくりました。とけないようにゆきだるま発泡はっぽうスチロールれて、2かげつぐらいかけてとどけました。

日本にっぽん文化ぶんかなどを紹介しょうかいする「ジャパン・ハウス」には、たかやく2mのゆきだるまなどを30ぐらいかざりました。ブラジル日本にっぽん季節きせつ反対はんたいなので、いまふゆです。しかし、サンパウロではゆきることがないので、たくさんのひとたちがはじめてゆきだるまて、よろこんでいました。

サンパウロった安平町あびらちょう町長ちょうちょうは「ブラジルひと勇気ゆうきをもらいました。いつか北海道ほっかいどうにもあそびにてほしいです」とはなしていました。