ぼんわる16にちよる、300ねん以上いじょうまえからつづいている「京都五山送きょうとござんおく」がありました。京都きょうとまちまわりにある5つのやまかたちなどをつくって、ぼんもどってきた先祖せんぞれいおく行事ぎょうじです。

今年ことし台風たいふうちかくにたため心配しんぱいしていましたが、午後ごご予定よていどおりはじまりました。まず、大文字山だいもんじやまで「だい」のかたちならべたをつけると、くらやまおおきな「だい」というあかるくひかりました。そのあと、ほかのやまでもをつけて、ふね鳥居とりいかたちなどができました。

まちやビルの屋上おくじょうなどでは、大勢おおぜいひとくらやまあかるくひかかたちていました。お年寄としよ女性じょせいは「主人しゅじんくなって、今年ことしはじめてのぼんなのでました。しずかな気持きもちでれいおくることができました」とはなしていました。