長野県ながのけん諏訪湖すわこでは1949ねんから、戦争せんそう被害ひがいがあったまちが元気げんきになることをいのって、毎年まいとし花火はなび大会たいかいひらかれています。

15にちよるは、台風たいふうのためときどきあめりましたが、予定よていどおり大会たいかいひらくことができました。46まんにんて、4まん以上いじょううつくしい花火はなびたのしみました。

とくに、2kmぐらいにひろがっ花火はなびが、みずうみうえたきのようにちる「だいナイヤガラ瀑布ばくふ」のときは、みんなおおきなこえしてよろこんでいました。

茨城県いばらきけんから女性じょせいは「台風たいふうていて、ることができないかもしれないとおもっていましたが、すばらしい花火はなびたのしむことができました」とはなしていました。