「ニホンライチョウ」というとりくに特別とくべつ天然記念物てんねんきねんぶつですが、とてもすくなくなっています。長野県ながのけん中央ちゅうおうアルプスのやまでは50ねん以上いじょうまえにいなくなったとかんがえられていました。しかし去年きょねんめすが1いることがわかりました。

環境省かんきょうしょうは、このめすべつやまからってきたニホンライチョウのたまごあたたさせました。そして今月こんげつ1日ついたちに5あかちゃんをつけました。しかし11にち調しらべにくと、めすつかりましたが、あかちゃんは1つかりませんでした。

ニホンライチョウのあかちゃんはめすからとおはな場所ばしょくことはありません。環境省かんきょうしょうは、全部ぜんぶあかちゃんがんだようだといました。原因げんいんについては、あめおおくてさむかったり、キツネなどにべられたりしたかもしれないとかんがえています。

環境省かんきょうしょうひとは「1だけでものこってほしかったです。めすきているので、つぎ方法ほうほうかんがえたいです」とはなしていました。