手足口病てあしくちびょうは5さい以下いかどもにおお病気びょうきで、あしくちなかなどにちいさい発疹はっしんができます。毎年まいとしなつおおくなっていて、せきくしゃみ便べんなどにはいっているウイルスでうつります。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょによると、6がつ16にちまでの1週間しゅうかん手足口病てあしくちびょうどもは1まん2700にん以上いじょういました。そのまえの1週間しゅうかんより3800にんぐらいえて、6がつごろではいままでの10ねんでいちばんおおくなりました。とく佐賀県さがけん福岡県ふくおかけん鹿児島県かごしまけん、そして大阪府おおさかふおおくなっています。

国立感染症研究所こくりつかんせんしょうけんきゅうしょは「今年ことし手足口病てあしくちびょうウイルスはうつりやすいです。よくあらいましょう。あかちゃんのおむつをえたあとはきれいに片付かたづけてください」とっています。