18にちマグニチュード6.7(M6.7)の地震じしんこって、新潟県にいがたけん山形県やまがたけんおおきくれました。地震じしんこっ場所ばしょ山形県やまがたけんおき日本海にほんかいで、ふかさ14kmのところでした。この地震じしんで28にんがけがをして、いえがたくさんこわれました。

東京大学とうきょうだいがく佐藤さとう比呂志ひろし教授きょうじゅは、この地震じしんデータと、いままでに調しらべた日本海にほんかい活断層かつだんそうデータくらべました。活断層かつだんそうは、地層ちそうずれていていまうごいているとかんがえられているところです。

その結果けっかいままでらなかった活断層かつだんそう原因げんいん地震じしんこっ可能性かのうせいがあることがわかりました。佐藤さとう教授きょうじゅは、これからもおなじような地震じしんこるかもしれないとっています。

日本海にほんかいではりくちかところ津波つなみこることがおおくて、津波つなみりくくまでの時間じかんみじかくなります。佐藤さとう教授きょうじゅは「つよれをかんたら、すぐにげてください」とはなしました。