サーロー節子せつこさんは1945ねん広島ひろしま原爆げんばくとされたとき、13さい被爆ひばくしました。サーローさんは1955ねんからカナダトロント大学だいがく大学院だいがくいん社会福祉しゃかいふくし勉強べんきょうしました。そのあと、仕事しごとをしながら、世界中せかいじゅう被爆ひばく経験けいけんについてはなして、核兵器かくへいきをなくすための活動かつどうつづけてきました。

トロント大学だいがく4日よっかサーローさんの活動かつどうがすばらしいとかんがえて、サーローさんを大学だいがく名誉めいよ博士はくしにしました。

サーローさんは「もうだれも、被爆ひばくしたわたしたちとおな経験けいけんをしないでほしいです」といました。そして、「たくさんのひとくに努力どりょくして、核兵器かくへいき禁止きんしする条約じょうやく国連こくれんまりました。世界せかいから核兵器かくへいきをなくすための努力どりょくをやめてはいけません」とはなしました。