いい研究けんきゅう論文ろんぶんは、べつ論文ろんぶん一部いちぶ使つかわれることがあります。これを「引用いんよう」といます。

日本にっぽん科学技術振興機構かがくぎじゅつしんこうきこうは、どのくに論文ろんぶんがいちばん引用いんようされたか、151の科学かがく分野ぶんやについて調しらべました。

2015ねんから2017ねんまで平均へいきんすると、1ばんおおかったのはアメリカ論文ろんぶんで、80の分野ぶんやでいちばん引用いんようされていました。2番目ばんめ中国ちゅうごく論文ろんぶんで、71の分野ぶんやでいちばん引用いんようされていました。どの分野ぶんやでもいちばん引用いんようされたのはこの2つのくに論文ろんぶんだけでした。

つぎに、引用いんようされた回数かいすううえから5番目ばんめまでだった論文ろんぶんくに調しらべると、日本にっぽんは18の分野ぶんやで5ばん以内いないでした。20ねんまえは83の分野ぶんやで、そのときよりずっとすくなくなっています。

科学技術振興機構かがくぎじゅつしんこうきこうでは「日本にっぽんはいい研究けんきゅうをするちからひくくなっていることがわかりました。おおきな問題もんだいだとおもいます」とはなしています。