クラゲは、サンゴイソギンチャクおなグループものです。ちいさいときはサンゴなどとおなじようにうみそこていますが、おおきくなるとうみなかおよぐようになります。どうしてクラゲだけがおよぐようになったのか、沖縄おきなわ科学技術かがくぎじゅつ大学院だいがくいん大学だいがくドイツチーム研究けんきゅうしました。

研究けんきゅうチームが2種類しゅるいクラゲ遺伝子いでんし調しらべると、それぞれまんぐらいの遺伝子いでんしがありました。そして、このなかの97の遺伝子いでんしだけが、クラゲおよはじめることに関係かんけいがあるとわかりました。研究けんきゅうチームは、97の遺伝子いでんしおよぐための筋肉きんにくつくって、クラゲおよぐようになったとかんがえています。

研究けんきゅうチームは「これからべつクラゲ遺伝子いでんし調しらべて、むかしからいままで、クラゲがどのようにわってきたか研究けんきゅうしたいとおもいます」とはなしています。