LIXILという会社かいしゃは、地震じしんなどの災害さいがいのとき、普通ふつうよりすくないみずながことができるトイレをつくりました。9日ここのか、このあたらしいトイレの説明会せつめいかい熊本市くまもとしでありました。

普通ふつうのトイレはながとき1かいみず使つかいます。あたらしいトイレは、いつもは5みずながますが、1みずながようにえることができます。みずながていくところいたりまったりするふたがあって、においもにくくなっています。掃除そうじもしやすくて、きれいに使つかうことができるようにしました。

災害さいがいのとき水道すいどうまると、みずをたくさん使つかうことができません。会社かいしゃは、避難ひなんするひとあつまる学校がっこうなどでこのトイレを使つかってほしいとかんがえています。