ロボットコンビニ品物しなものきゃくとどける実験じっけんが、神奈川県かながわけんにある大学だいがくなかでありました。コンビニの「ローソン」や自動じどう運転うんてん技術ぎじゅつ研究けんきゅうしている会社かいしゃなどがおこないました。

ロボットは1mぐらいのおおきさで、はこのようなかたちをしています。きゃくがスマートフォンのアプリで品物しなもの注文ちゅうもんすると、ロボットみせきゃくところまで品物しなものとどけます。ロボットセンサーやカメラを使つかって、ちかくにひとがいたらまります。ひとうとこえしてあいさつもします。

ローソンなどは、このロボット使つかうと、お年寄としよみせくことができないひともの便利べんりになるとかんがえています。はこひとがいなくて品物しなものとどけることができないという問題もんだいもなくなります。このため、ロボットみちとおることができるように法律ほうりつえてもらったりして、はや使つかはじめたいとかんがえています。