太陽系たいようけいでいちばんとおくをまわっている海王星かいおうせい外側そとがわには、直径ちょっけいが20km以下いかちいさいほしがたくさんあるとかんがえられています。このようなちいさいほしぶつかったり1つになったりして、地球ちきゅうなどの惑星わくせいができたとかんがえられています。しかし海王星かいおうせい地球ちきゅうから43おくkmもはなているため、その外側そとがわにあるちいさいほしくらくてつけることができませんでした。

日本にっぽん研究けんきゅうグループが、海王星かいおうせい外側そとがわにある直径ちょっけい2.6kmのちいさいほし世界せかいはじめてつけました。グループは、ひかりおおきいほしまえちいさいほしとおるときの様子ようす調しらべて、ちいさいほしつけました。

日本にっぽんグループ普通ふつう望遠鏡ぼうえんきょう2つとカメラを使つかっているため、研究けんきゅうにかかったおかねは350まんえんぐらいでした。ほかのくにグループは300ばいぐらいのおかねをかけて、おなじようなほしさが研究けんきゅうをしています。

日本にっぽんグループは、海王星かいおうせい外側そとがわにはちいさいほしが20おく以上いじょうあるとっています。