1人ひとりいえんでいるお年寄としよなどが、いえ突然とつぜんたおれても、つかるのがおそくてくなる場合ばあいがあります。

いえをつくっている会社かいしゃの「積水せきすいハウス」は、んでいるひとからだ調子ちょうしわるくなったことがわかるいえシステム研究けんきゅうはじめました。

このシステム利用りようしたいえでは、風呂ふろ部屋へやかべなどにセンサーが、んでいるひと心臓しんぞううご呼吸こきゅうなどを調しらべます。からだ調子ちょうしがいつもとちがっていたら、警備けいび会社がいしゃなどにらせます。

会社かいしゃ来年らいねんにはこのシステム利用りようできるようにしたいとかんがえています。