気温きおんが35℃以上いじょうになるとてもあつを「猛暑日もうしょび」といます。

東京大学とうきょうだいがく研究けんきゅうチームは、産業革命さんぎょうかくめいまえより世界せかい平均へいきん気温きおんが2℃がった場合ばあい日本にっぽんではどのくらいあつくなるか計算けいさんしました。計算けいさんによると、日本にっぽん猛暑日もうしょびになる場所ばしょ平均へいきんで1ねんに3200ぐらいだとわかりました。

ひどくあつとしだとわれた今年ことしとおととしも3000以上いじょう場所ばしょ猛暑日もうしょびになりました。研究けんきゅうチーム先生せんせいは「毎年まいとしのようにこのようなひどいあつさになる可能性かのうせいがあります。猛暑日もうしょびになる場所ばしょがどんどんえそうだとこの計算けいさんはじめてわかりました。将来しょうらい世界せかい気温きおんをできるだけげないようにすることが大事だいじです」とはなしています。