インターネットを使つかうことができないときでも、おと使つかってスマートフォンなどになどの情報じょうほうおくあたらしい技術ぎじゅつがあります。

総務省そうむしょういま地震じしんなどの災害さいがいのとき、この技術ぎじゅつ使つかって、みみこえないひと外国人がいこくじん情報じょうほうつたえるシステムつくっています。2020ねん東京とうきょうオリンピックパラリンピック会場かいじょうでこのシステム使つかいたいとかんがえています。

総務省そうむしょう6日むいかよる東京都とうきょうと調布市ちょうふし体育館たいいくかん外国人がいこくじんなど200にんあつめました。そして、地震じしん電気でんきまったり火事かじになったりしても、このシステム使つかってみんなが避難ひなんできるかどうか実験じっけんしました。

情報じょうほうおくるためのおとスピーカーからすと、みんなのスマートフォンに火事かじ情報じょうほうやどこへ避難ひなんしたらいいかをいたなどがました。情報じょうほう英語えいご中国語ちゅうごくごなどでもることができて、外国人がいこくじんもスマートフォンをながら避難ひなんしていました。