WHOは、健康けんこうのために、はしることや水泳すいえいなどのはげしい運動うんどうを1週間しゅうかんに75ふん以上いじょうしたほうがいいとっています。はやあるくことや体操たいそうなどのかる運動うんどうだったら、1週間しゅうかんに150ぷん以上いじょうしたほうがいいとっています。

WHO研究けんきゅうグループは2016ねん、18さい以上いじょうひとが、このような運動うんどうをどのくらいしているか調しらべました。

世界せかいの168のくにの190まんにん調しらべた結果けっか運動うんどうりないとかんがえられるひとは4にん1人ひとりいました。女性じょせいは3にん1人ひとりでした。

運動うんどうりないとかんがえられるひと割合わりあいは、発展途上国はってんとじょうこくで16%、先進国せんしんこくでは2ばい以上いじょうの37%でした。WHOは「技術ぎじゅつすすむと、からだうごかす仕事しごとすくなくなります。運動うんどう機会きかいおおくすることが必要ひつようです」とっています。