年寄としよくるま運転うんてんしていて交通事故こうつうじここすことがおおきな問題もんだいになっています。

このため、去年きょねんの3がつ法律ほうりつわりました。くるま運転うんてんする75さい以上いじょうのお年寄としよは、3ねんに1かいくるま免許めんきょ更新こうしんするときに、のう問題もんだいがないか調しらべるテストをけることになりました。

警察庁けいさつちょうによると、このテストで「認知症にんちしょう」というのう病気びょうき可能性かのうせいがあるとわれたひとやくねんで5まん7099にんいました。そして、このなかの1892にんが、医者いしゃ調しらべて認知症にんちしょうだとわかりました。警察けいさつは、このひとたちにくるま運転うんてんをさせないようにしました。

医者いしゃ調しらべるまえに、自分じぶん運転うんてんをやめることをめて、警察けいさつ免許めんきょかえしたひとは1まん3563にんいました。自分じぶん運転うんてん心配しんぱいになって、去年きょねん警察けいさつ免許めんきょかえした75さい以上いじょうひと全部ぜんぶで25まん3937にんいました。おととしの1.5ばいえて、いままででいちばんおおくなりました。