中国人ちゅうごくじん登山家とざんか夏伯渝かはくゆさんは69さいで、けがで両方りょうほうあしをなくしたため、人工じんこうあしの「義足ぎそく」を使つかっています。さんは14日じゅうよっか世界せかいでいちばんたかエベレスト頂上ちょうじょうのぼることに成功せいこうしました。

16にち無事ぶじやまからりたさんを、ネパール首都しゅとカトマンズひとたちがむかえました。

さんは1975ねんはじめてエベレスト頂上ちょうじょうのぼろうとしたとき、きびしいさむさが原因げんいんのけがで、両方りょうほうあしをなくしました。そのあと3かい義足ぎそくつけのぼりましたが失敗しっぱいしていました。

両方りょうほうあし義足ぎそくつけエベレスト頂上ちょうじょうのぼったひと2人ふたりで、からだ障害しょうがいがあるひとでは、いままででいちばんたか年齢ねんれいです。さんは頂上ちょうじょうで「ゆめがやっと本当ほんとうになった」とさけだとはなしています。