ニュース画像

ビジネス
特集
アメリカで砂が足りない! 意外な理由

どこにでも豊富にありそうな砂ー。今、アメリカでは、その砂が不足しています。背景にあるのは、ビルの建設ラッシュ、さらに、原油価格の上昇を受けたエネルギーの開発ブームです。つまり、好景気が砂不足の原因なのです。いったいどういうことなのでしょうか。
(ロサンゼルス支局記者 飯田香織)

建設ラッシュで砂不足

アメリカ西海岸が未曾有の建設ラッシュに沸いています。稼働している大型のクレーンを数えた「クレーン指数」という統計がありますが、東海岸のニューヨークが18、ワシントンDCが20なのに対して、西海岸のシアトルは58、ロサンゼルスは36、ポートランドは32、サンフランシスコは22などと軒並み高い数字になっています。

特にロサンゼルスは1920年代以来、約100年ぶりの勢いでビルの建設が進められていて、ダウンタウンは見渡すかぎり建設中のビルで埋め尽くされています。

ニュース画像

映画産業の中心地であるハリウッドのほか、IT企業が集積するシリコンバレー、それに、サンフランシスコを抱えるカリフォルニア州ではことしも好景気が続くと予想されています。支えているのはITやエンターテインメント、金融などの産業です。

カリフォルニア州の失業率は全米平均とほぼ同じ4.3%ですが、サンフランシスコに限ると2.2%。開発会社によりますと、ロサンゼルスやサンフランシスコに本社や事務所を構えようという企業が増えているのだそうです。

以前は、郊外の広い敷地にジムや食堂を完備した会社が人気でしたが、最近は都会で働きたいという若者が増えていると言います。それも職場の近くに住みたいという人が多く、”都心回帰””職住接近”の傾向が強まっています。これが相次ぐ都心部のマンション建設につながっているわけです。

ロサンゼルスで大型の商業施設やマンションを建設する開発会社のケン・ロンバード社長は「事務所の需要も住宅の需要も伸びていて、景気は非常によい」と鼻息を荒くしていました。

砂不足でカナダから調達

その結果、不足しているのが砂です。

砂はコンクリートの材料としてビルの建設に不可欠です。カリフォルニア州の建設会社の多くは、これまで州内や近隣の州から砂を調達していました。しかし、環境意識の高まりから海岸や山を崩すなどして天然の砂を採掘するのが難しくなっています。

そこで新たな砂の調達先として注目されているのがお隣の国、カナダです。カナダ西海岸のバンクーバーから北西に500キロ離れた場所に、オルカ・サンド・アンド・グラベルという名前の巨大な砂の採掘場があります。ここの砂がカリフォルニアでのビル建設に使われています。

取材に訪れた日は、大型の重機7台が1日約2万トンの砂を採掘していました。採掘された砂は不純物を洗い落として、出荷を待ちます。アメリカまでトラックで運搬するとコストがかかるうえ、温室効果ガスの増加にもつながるため、この会社では、採掘した砂を巨大な運搬船でロサンゼルスやサンフランシスコまで運んでいます。

この会社の砂の販売価格は、この1年で30%以上 上昇しています。採掘場のマネージャーのタイソン・マッケイさんは「砂の需要はさらに増えると予想している。われわれは生産する用意ができている」と話していました。

ニュース画像

エネルギー開発ブームも後押し

砂不足に拍車をかけているのがエネルギーの開発ブームです。

原油価格はことし1月、3年ぶりの高値水準に達しました。主要な産油国が協調して減産に踏み切ったことや、世界的に原油の需要が拡大していることが価格上昇の要因ですが、これによってアメリカのシェールオイルの業者が”待っていました”とばかりに、いったん閉鎖した施設を相次いで再稼働させています。

シェールオイルの開発は、一般的な原油の掘削よりもコストがかかります。地下深くのシェール層に超高圧の水を流し込んで亀裂を作り、そこから原油を取り出すという手法で、手間がかかるためです。

できた亀裂が閉じてしまわないよう、同時に大量の砂を流し込む必要があります。専門家は砂の役割について、「ドアが閉じないよう足で押さえるようなもの」と説明してくれました。

これまでは原油価格が低く採算があわないとして休止していた業者も、価格上昇を受けて、十分収益をあげられると開発を加速させているのです。その結果、砂の需要もじわじわと高まっているのです。

コンサルタント会社によりますと、ことしシェールオイルの開発に必要な砂は、これまでのピークだった2014年の2倍以上に膨らむ見通しだということです。

ニュース画像

なぜ砂漠の砂は使えないの?

砂と言えば砂漠の砂。世界的にたくさんあるのでは? 私も最初はそう思いました。ところが砂漠の砂は、粒子が細かすぎて強度が足りず、シェールオイルの開発にも、コンクリートの材料にも使えません。

砂漠に囲まれた中東のドバイにある世界一の高さを誇るビル「ブルジュ・ハリファ」。トム・クルーズさん主演のアクション映画で一躍有名になりましたが、あのビルで使われているコンクリートは、なんとオーストラリアから輸入されたものだそうです。

砂の違法採取が横行したり、それを受けた輸出禁止の措置を打ち出したりする国も出ていて、砂不足は世界的な問題でもあります。

ニュース画像

代替手段はあっても高コスト

アメリカでは、大きな岩石を細かく砕いて人工的に砂を作ったり、建物を取り壊す際に出るコンクリートをリサイクルしたりするなどの代替措置も追求されています。しかし、値上がりしたとは言え、天然の砂の価格はそもそも安いため、新たな手段は採算があわず、当面は天然の砂に頼らざるをえません。

多彩な用途に使われる砂の不足は、好調なアメリカ経済を反映しています。そのアメリカ経済が”砂上の楼閣”とならないよう、経済の行方をしっかり見極めていく必要があると感じました。

飯田香織
ロサンゼルス支局
飯田香織
1992年入局
京都局、経済部、ワシントン支局などをへて
2017年夏からロサンゼルス