ニュース画像

WEB
特集
驚異の1億台 スーパーカブの秘密

ホンダのオートバイ「スーパーカブ」。そば屋の出前や郵便配達の、あのオートバイです。およそ60年前に生産開始。今月、ついに世界生産1億台を達成します。かの本田宗一郎氏が開発を指揮。スタイルも性能も、ほとんど変わらず、とっくに“往年の名車”になっていてもおかしくないオートバイが、なぜ今も現役で生き残っているのか。その秘密を探ります。
(経済部記者 早川俊太郎)

猛獣の子? スーパーカブ

ニュース画像

街なかを行き交うどこか昭和の雰囲気が漂うおなじみのシルエット。それが「スーパーカブ」です。昭和33年に生産を開始。来年60周年になるスーパーカブは今月、1つの大きな節目を迎えます。世界で累計1億台の生産を達成するのです。1億台は世界のオートバイ史上初の快挙だそうです。

ところで「カブ」って、どういう意味でしょう? 英語で「猛獣の子ども」という意味です。エンジンは小さくてもパワー抜群!ということでしょうか。そこに、さらに「スーパー」をくっつけたのです。時代を飛び越えた新しいものという思いが込められているといいます。

ヒットのわけは そば屋とスカート

ニュース画像

昭和33年に発売されて、すぐスーパーカブは大ヒット。当時、日本のオートバイの年間販売台数は30万台ほど。そのうち、カブが16万7000台を占め、驚異的な売れ行きを記録。日本の戦後復興と高度経済成長を支える足になったのです。

ヒットの理由は、これまでにない性能と斬新なデザイン・機能でした。

その1つが、ホンダの真骨頂であるエンジン性能でした。馬力はライバルの50CCのオートバイの2倍以上。燃費はリッター90キロ以上と他を圧倒。故障も少なく“二輪革命”とまで呼ばれました。

もう1つがデザインなどの工夫です。スカートをはいた女性が乗ることを考えて、足をあげて座席をまたがずに乗り降りできる、ママチャリのような独自のデザインを考え出しました。

ニュース画像

また、その当時のそば屋の出前が、おかもちを左手に持ちながら運転できるようにと、左側にあるのが普通だったウインカーの操作レバーを右に移しました。さらに手を使わず足だけでギアのシフトチェンジができるシステムも導入しました。

カブに込めた宗一郎氏の思い

このように使いやすさに徹底的にこだわったスーパーカブ。実は開発を指揮したのはホンダの創業者、あの本田宗一郎氏でした。ちなみにカブは宗一郎氏が開発に関わって、今なお現役の最後の製品でもあります。

ニュース画像
試作機完成に喜ぶ宗一郎氏

開発の合言葉は「日本人が求めているものを作る」
戦後の暮らしを少しでもよくしようという思いが込められていました。当時を知る人の話では、宗一郎氏は、毎朝のように設計室に顔を出し、新しいアイデアについて、年齢や部署に関係なく議論したといいます。

時には、宗一郎氏がチョークを手に描き始めた設計図が黒板には収まりきらず、床にはみ出したことも。それを見ようと、また人だかりができて新たな議論が始まる…自由闊達(かったつ)なホンダの社風を表すワイガヤ(ワイワイガヤガヤ会議)の原型といえる雰囲気が、スーパーカブの開発に見られたということです。

ニュース画像

カブ愛好者の熱い思い

スーパーカブは、発売から60年近くたった今も、実はスタイルも性能も、当時とほとんど変わっていません。60年前のホンダの雰囲気がどことなく伝わってきます。

そんなスーパーカブの生産1億台を特別な思いで迎える人たちもいます。

ニュース画像

東京・大田区の創業90年を超える老舗そば屋のおかみ、河高利子さん(73歳)もその1人。

「スーパーカブはそば屋に向いている」という宗一郎氏の発想をもとに、発売直後、広告用の写真撮影が行われたのが河高さんのそば屋だったのです。広告がきっかけに出前用のオートバイとして普及しました。

ニュース画像

当時を振り返りながら河高さんは「発売当初からスーパーカブを使い続けています。ゆかりある乗り物が多くの人に愛されてうれしく思います」と話していました。

スーパーカブの走りに魅せられたファンも数多くいます。

ニュース画像

100人以上の愛好家グループ“水戸藩カブ”のリーダー阿久津尚さん(82歳)がその1人。およそ40年前、通勤のために初めてスーパーカブを購入。今はカブを13台も所有する熱烈なファンです。

「独特のエンジンの振動が心地よく、乗っているとバイクと会話をしている気分になります。デザインも合理的で、美しく、これだけ完成したものを作った当時の技術者たちは本当にすごいと思います」と話していました。

ニュース画像

カブはどこに向かう

日本の高度経済成長とともにオートバイ販売は右肩上がりで拡大しました。しかし、昭和57年に329万台に達し、ピークとなったあとは、自動車の普及などで市場は縮小に転じ、去年の販売台数は33万8000台と10分の1に落ち込みました。

ニュース画像

そうしたなか、ホンダが小さな名車「モンキー」の生産を終了。ヤマハ発動機がクラシカルなデザインが人気だった「SR400」など15車種の生産を終了したほか、川崎重工業も5車種の生産を終了するなど、寂しい話題が続いています。スーパーカブも例外ではありません。国内販売はピークの88万台から、去年は3万台にまで減少しています。

それでも売り上げを伸ばし続けているのはスーパーカブの海外での存在感です。世界では去年、なんと320万台も生産しているのです。中でもタイやインドネシアなど東南アジアでの販売は圧倒的です。

ニュース画像

ベトナムではオートバイのことを「ホンダ」と呼ぶそうです。スーパーカブは、ミャンマーやバングラデシュなどでも販売を伸ばしていて市場をさらに広げています。

およそ60年にわたり、ほぼ変わらぬスタイルで現役を続けるスーパーカブ。本田宗一郎氏と技術者たちの熱い思いをいまに伝える「猛獣の子ども」は、アジアの足として、この先も、経済成長を支えていくことになります。

早川俊太郎
経済部記者
早川俊太郎
平成22年入局
横浜局、岐阜局、名古屋局をへて
現在 自動車業界を担当