松山 園児が交通安全呼びかけ

「春の全国交通安全運動」が6日から始まるのに合わせて、松山市の繁華街では幼稚園児たちがパレードして、買い物客などに交通安全を呼びかけました。

パレードは松山市の大街道商店街で行われ、地元の幼稚園児や松山東雲中学・高校の生徒などおよそ200人が参加しました。
はじめに、松山東警察署の高橋良作署長が「新生活も始まって、慣れない道での事故が起きやすい時期です。譲り合いの気持ちを大切にして、事故をなくしましょう」とあいさつしました。
これに対して、園児4人が代表して、「交通事故がなくなるようにお願いしながら、元気よく行進します」と宣言しました。
このあと、吹奏楽部の軽快な演奏とともにパレードは出発し、園児たちは「抜け道と思うなそこは通学路」などと書かれたチラシを配りながら商店街を練り歩き、買い物客などに交通安全を呼びかけていました。
「春の全国交通安全運動」は、子どもの交通安全や歩行者保護の徹底、それに自転車用ヘルメットの着用などを重点目標に掲げて、今月15日まで行われます。
松山東警察署交通第一課の脇田敏和課長は、「県内では交通事故による死者が相次いでいて、譲り合いの気持ちを大切にして、被害者にも加害者にもならないよう心がけてほしいです」と話していました。