松山城に新アニメキャラクターでPR

松山城に若い世代の観光客を呼び込もうと、松山城を築城した加藤嘉明などの武将をもとにしたアニメキャラクターが新たに作られお披露目されました。

松山城の本丸広場で開かれた新たなアニメキャラクターのお披露目イベントには、およそ200人が集まりました。
アニメキャラクターは松山市が作成し、松山城を築城した武将、加藤嘉明がやりを持って、りりしく立っている姿や、その重臣で重信川の治水事業を行った足立重信などが描かれています。またAR=拡張現実の技術でスマートフォンをQRコードにかざすと、キャラクターが浮かび上がり、一緒に写真を撮ったり、声を聞いたりできる仕組みも設けられています。このパネルは松山城の天守や二之丸史跡庭園などあわせて3か所に設置されていて訪れた人たちはさっそく写真を撮っていました。松山市観光・国際交流課の仙波匡視副主幹は「若い世代や海外の方に人気のアニメをきっかけにして1人でも多くの人に松山城に関心を持って継続的に来ていただきたい」と話していました。