公立中の教員 イラストを無断使用

今治市の公立中学校の教員が、イラストレーターが描いたイラストを学校のホームページで無断で使用していたことが分かりました。
インターネットで見つけた素材を無料だと勘違いしたことが原因で、市は著作権の侵害にあたるとして使用料、27万円余りを支払うことにしています。

今治市教育委員会によりますと、市内の公立中学校の教員が、インターネットで見つけたイラスト1点を学校のホームページで3年前から使用していたところ、10月、イラストを描いたイラストレーターから無断で使用していると指摘されたということです。
イラストレーターは県外に住んでいて、学校に対し、使用料の支払いとホームページからの削除を求めていました。
確認した結果、市は、イラストを無断で使っていた事実を認め、著作権の侵害にあたるとして相手の求めに応じ、使用料、27万5000円を支払うことを決めたということです。
教員が、インターネットで見つけたイラストを無料の素材だと勘違いしたことが原因で、今治市教育委員会は「著作権への認識が甘くこのような事態になり申し訳ございません。職員への研修などを通して著作物の適正な使用について改めて周知徹底します」とコメントしています。