新居浜 パチンコ店で迷惑客相手の防犯訓練

パチンコ台をたたいたり、大声を出すなど客の迷惑行為への対応のしかたを確認する防犯訓練が新居浜市で行われました。
新居浜市のパチンコ店で行われた訓練には店の従業員と警察官合わせておよそ20人が参加しました。
訓練では客にふんした警察官が突然声を荒らげ、従業員から声をかけられると刃物を取り出して暴れ始めました。
これに対し、従業員は客との距離を保ちながら落ち着くよう促し、その間に別の従業員が、数人がかりで取り押さえました。
県内のパチンコ店で強盗など大きな事件は最近は起きていないということですが、警察官は従業員に刺股や盾などの使い方を指導し、客の迷惑行為への対応のしかたを教えていました。
参加した従業員の男性は「訓練では臨機応変に対応しなければならないことがわかりました。危機管理とお客様に接する気持ちを両立させて取り組みたい」と話していました。
新居浜警察署生活安全課の網本功課長は「訓練では従業員それぞれがどんな役割を担うのか、連携ができているかという点を中心に指導しました。パチンコ店で迷惑行為を繰り返せば業務妨害になることがあるので客はのめり込み過ぎず適度に遊んでほしい」と話していました。