全国植樹祭 4年後に愛媛開催内定

豊かな森づくりを目指す「全国植樹祭」について、4年後の令和8年に、60年ぶりに愛媛県で開かれることが内定しました。

「全国植樹祭」は豊かな森づくりをテーマに、天皇皇后両陛下が出席されて、毎年春にそれぞれの都道府県で持ち回りで開かれています。
植樹祭を主催する「国土緑化推進機構」は8日、理事会を開き、4年後・令和8年の第76回全国植樹祭の開催地について、愛媛県とすることを内定したということです。
全国植樹祭が愛媛県で開かれるのは昭和41年以来60年ぶりで、2回目の開催となります。
内定をうけて県は、今後、準備委員会を設置し、開催に向けた準備を進めることにしています。