西条「絹かわなす」収穫ピーク

石鎚山系の豊富な水を使って栽培される西条市特産の「絹かわなす」の収穫が最盛期を迎えています。

「絹かわなす」は石鎚山系の豊富な水で育てられる西条市の伝統野菜で絹のように薄くなめらかな皮が特徴です。
また皮ごと食べられ、実は真っ白で、味わいはさっぱりとしています。
JAえひめ未来管内では、西条市内の16軒の農家が、およそ2.2ヘクタールの畑で「絹かわなす」を栽培しています。
このうち、国田拡志さんの畑ではぽってりと丸みを帯び20センチほどに育ったナスがはさみでひとつひとつ切り取られ収穫されていました。
JAえひめ未来によりますとことしは天候にも恵まれ例年どおり、品質のよいナスに仕上がったということです。
国田さんは「スライスしたナスにチーズや具材をのせて焼き、ピザ風にして食べるのがおすすめです。今まで食べたことのない人にもぜひ食べていただきこの『絹かわなす』が全国に広がってほしいです」と話していました。
収穫作業は10月上旬まで続けられ、JAえひめ未来ではほぼ例年並みの165トンの出荷を見込んでいて、主に県内や関西方面に出荷されます。